GWに気を付けたい食中毒 3つのポイント

GWもようやく折り返し地点。前半は今一つお天気に恵まれませんでしたが、後半はどうやら良いお天気になる模様。
となると、渋滞や混雑は気になるものの絶好のお出かけやバーベキュー日和。
5月5日は子どもの日。持ち寄りやお寿司や仕出しを頼んでお祝いをされる方もいるかもしれませんね。

そんな楽しい思い出を台無しにしない為にも気を付けたいのが食中毒対策。
先日も滋賀県のとある鶏肉専門の飲食店でカンピロバクターの集団食中毒が発生しました。
原因は調査中とのことでしたが、「鶏肉専門店」「カンピロバクター」ということから、鶏肉に付着していたカンピロバクターが原因ではないかと推測されます。

GWは仕出し料理を頼んだり、家族で普段は食べないようなお食事を食べる機会も少なくありません。
そんな楽しいGWに食中毒にならない為に注意したいポイントを3つご紹介させて頂きます。

 

食中毒対策① バーベキュー時の対策

GWにバーベキューをされる方もおられると思います。SNSを眺めていてもバーベキューの写真がたくさん流れてきます。家族で、親戚で、親しい友人と…お酒を飲みながら、みんなでお肉を焼きながらワイワイと楽しむバーベキューは楽しい物。

しかし、テンションが上がれば上がるほど…なぜか人間は管理能力が落ちていきます。ましてやそこにお酒が入ると、ますます「まっ…いいや」と生焼けのお肉を食べるなんて事をしてしまっていませんか?
大人は軽い下痢で済んでも子どもは入院なんて事にもなり兼ねませんから注意が必要です。

どんな点に注意が必要か?これからバーベキューをされる方はチェックしてみてくださいね

バーベキュー時の注意点

・生肉は専用のトング若しくはお箸を用意する。
(くれぐれもお肉を焼きながらそのお箸で焼けたものをとって食べない)
・お肉はしっかりと中まで火を通して食べる。
(片面だけ焼くなんて恐ろしい投稿もみかけますが真似しないように…)
・焼く分だけ保冷ボックスから出して焼かないお肉は保冷ボックスの中にしまっておく
・生肉と焼かずに食べるもの(果物やサラダ等)は別のクーラーボックスで保管する
・お肉は出来るだけカット済みの物を買ってきて現地では焼くだけにする
・タオルや布巾など使い回しできるものを使用するのではなく、キッチンペーパーや除菌シートなど使い捨て出来る物を手拭きなどに使用する
・大人は大丈夫でも子供は大丈夫じゃない…ということを念頭に

 

食中毒対策② お弁当

気候がよくなるとお弁当を持って出かけるなんて方もいらっしゃると思います。外食やコンビニ等の添加物が気になって朝から夜まですべて自前のお弁当…という話も耳にします。

しかし、添加物より危険なのが「食中毒」です。せっかくのお弁当が食中毒の原因にならないように注意したいものです。

下記にお弁当の注意点を書いていきます。この注意点は気候の良い季節の行楽弁当等、長時間持ち歩くのを前提にしています。

お弁当の注意点

・持ち歩く際は必ず保冷剤を忘れずに。ただし保冷剤を入れても長時間保冷が可能なわけではありません。特にこの季節はお天気が良いと気温が25℃を超える事も…必要に応じて保冷ボックスや大きめの保冷剤を使用するなど工夫をしましょう。
・傷みやすい食材(ジャガイモ類)は出来るだけお弁当には入れない。どうしても入れる場合は焼く、揚げるなどの工夫を。同じ加熱でも煮るや蒸すはお弁当にはあまりお勧めしません。
・お弁当のおかずは出来るだけ水分の少ないものを。水分が多いと傷む原因になります。同じジャガイモでもポテトサラダよりポテトフライの方が微生物的には傷みにくくなります。
・出来るだけ加熱する。
・水が出やすい物(サラダや果物)は別容器に入れる
・おにぎり等はラップで握る等、出来る限り素手で食材に触れない
・車中など気温があがるところに長時間お弁当を放置しない
・手作りのお弁当に拘らず、市販品をうまく活用する

 

後、こちらは絶対ダメ…というわけではないのですが、仕切りや彩りに葉物野菜(レタス等)を生で入れるのはあまりお勧めしていません。これだけで一記事になりそうなので詳しくは割愛しますが…レタス等は水洗いでは菌が残ってしまうことがあり、洗う事で(水分の為)逆に微生物が増殖する可能性もあるそうです。2月に参加した食品衛生のセミナーで衝撃的な電子顕微鏡の写真をみせて貰って以来、加熱していない葉物野菜をお弁当に入れるのはお勧めしていません。我が家はシリコンカップを使用しています。

 

食中毒対策③ ホームパーティーやお食事会

GWになると久しぶりの親戚や兄弟、仲の良い友人等でホームパーティーやお食事会をされる方もいらっしゃるかもしれません。そんな時に注意したいポイントを下記にあげていきます。ここでは調理の細かな注意点については割愛します

ホームパーティーやお食事会の注意点

・お寿司や生もの等、長時間食べないものは冷蔵庫に片づける。お酒などが出ると11時過ぎからはじめた食事会がダラダラと夕方まで続く場合も少なくありません。既に誰も箸をつけていないお寿司や生ものが夕方までずっと部屋におかれたまま…なんて事も。大人であれば大した事にならない食中毒でも子供だと大変な状況になることもあります。食べないものは冷蔵庫に片づけるようにしてくださいね。
・生ハム、ナチュラルチーズ等は小さな子供や妊婦さんにはNGです。よけて食べたら大丈夫だとサラダ等に混ぜる人もいますが、それらが混ざっているサラダ等は小さなお子さんや妊婦さんは口にしない方が安全です。
・仕出し弁当等に入っている鶏の刺身やたたき、大人は最後は自己責任ですが、妊婦さんや小さな子供は避けた方が賢明です。
・1歳未満の赤ちゃんにはちみつや黒糖は厳禁です。乳児ボツリヌス症はかなり周知されてきましたが、それでも子育てから離れている世代では知らない可能性もありますので注意が必要です。

思いつくままに書いてみましたので、漏れや抜けもあるとは思いますが…楽しいGWを過ごす参考にして頂ければ幸いです。

衛生管理講座案内

7月にzoomで新しくリニューアルした衛生管理セミナーを開催します(募集開始前)

7月16日(火) 衛生管理講座基礎編 身の回りの微生物と消毒・除菌
7月26日(金) 衛生管理講座ママ編 我が子の為に知っておきたい微生物の基礎知識
(両日とも10時から12時 30分程度延長ありの予定です)

 

食を扱う方向け 食中毒を出さないために絶対押さえておきたい食品衛生対策講座

0期生募集中

1日目 5月24日(金)
2日目 6月14日(金)
3日目 6月28日(金)

時間
講義   10:00~16:00(昼休憩1時間含む)
質疑応答 16:00~17:00(自由参加)

日時が合わない場合は振替可。
講座終了後に動画配信しますのでそちらで復習が可能です。
(振り替えた場合でも動画で講座内容が確認出来ます)

≪プロフィール≫

笛吹 和代

 

関西を中心に活動し、臨床検査技師の国家資格を保有する、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー

自身の不妊治療退職をきっかけに「働く女性の不妊治療退職ゼロ」を目指して、妊活や不妊の悩む女性の個別相談を行ったり、セミナー講師として活動したり、妊活や不妊をサービスとする専門家向けの講座も行っている。その傍ら、10年間の会社員経験を活かして、2017年よりママ向けの衛生管理講座をスタート。ここまで微生物をわかりやすく、身近に教えてくれる講座はないと、2年で100名以上の方が受講する人気講座となる。

≪経歴≫
1979年滋賀に産まれる
不妊治療の末2012年に男児を出産

子どもの頃から身体の仕組みに興味があり、医療系の学部に進学する。
卒業後は検査センターで様々な検査や健診に携わったのち、製薬メーカ・化粧品メーカで微生物分野を中心に専門職として勤務する。
化粧品メーカー時代は工場内の衛生環境管理の仕組みづくりや新しい微生物測定機器の導入など幅広い業務に携わる。また、従業員向けに従業員教育などの業務も担う。その後、不妊治療の為に退職。

≪講座開催実績≫
2015年より自身で講座主催をする傍ら
大津市男女共同参画センター様、漢方薬局様、鍼灸師団体様 カルチャーセンター等で妊活や不妊、女性の身体に関する講座を開催
2017年より衛生管理講座を実施 滋賀・京都・奈良・大阪・名古屋・東京と幅広い地域で講座を開催する

≪コラム掲載≫
奈良の子育て応援アプリ「ぱーぷるmama」にてコラム掲載
専門家によるパパママ応援サイトIKU♡LOVEにてコラム掲載
NAILIST JOBで女性向け コラム掲載
働く堅実女子のお悩みサイトsuits-womanで妊活コラムを担当

≪取材実績≫
日本成人病予防協会 妊活ページ取材
フリーペーパーRuscに夏休みの自由研究特集で衛生管理の取材を受ける

≪ラジオ出演≫
インターネットラジオ fmGIG 「マゴちゃんのツナガリっちょラジオ」出演
インターネットラジオ fmGIG 「コトリカの輝くママきっぷ 」出演

講師・取材・執筆依頼は下記からお問い合わせください
お問い合わせはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です