空間除菌って効果があるの?

2018年2月11日に書いた記事を加筆修正してこちらに再UPしています。

 

先日も京都府長岡京市で保育園児がO157に感染して亡くなるという痛ましい出来事が起こった。

長岡京市の見解はこちらから…

感染の原因及び経路
・現在、京都府乙訓保健所とともに調査を行っているが、特定には至っていない。
・保育所の提供する食事が原因である可能性は低い。

給食からの可能性は低く、トイレ使用後などの人から人への感染の可能性がある為、現在は2次感染予防の対策を行っているということ。

O157は少量の菌数でも感染を起こす可能性がある事、症状が出ていない人、症状が軽く食中毒に感染したと気付いていない人でも菌を排出している可能性がある為、トイレ使用後の手洗いなどの徹底が必要となる。

となると…気になるのが空間除菌
トイレに、子どもたちが集まる場所に空間除菌機を設置したらどうか?という反応も出てくる。
このタイミングで機器を売り込もうとする業者もいるだろう…
はたして空間除菌は本当に効果があるのか?

 

感染症は空気清浄機で予防できるのか?

三重と大阪(実は全国に広がりつつある?)で猛威をふるった麻疹が流行った2月頃に飛び込んできたこちらのニュース

はしかの感染防止に期待、パナソニックの意外な発見

次亜塩素酸の有効成分を実験室内に蒸発させたところ、2時間後に麻しんウイルスの感染能力を99%以上抑制したという。同社は「薬事法の問題もあり、製品自体にウイルスへの抑制効果があるとはいえない」

なんて記載があるのですが…薬事法(そもそも薬機法だけどね)の問題があり記載出来ないといってもこのような報道がされれば購入至る消費者もいるはず…

で、ここで突っ込みたいのは、「2時間後に麻しんウイルスの感染能力を99%以上抑制した」という一文。

麻疹ウイルスはが空気中に生存するのは2時間以下と言われています。
なので、空気清浄機があろうがなかろうが…2時間後には感染能力が無くなっているんですよね…

参考情報はこちら… 感染症情報センター

大手でもあるこの企業の研究室がこんな杜撰な実験をするとは思えないのですが…
ちゃんと対照(ブランク)を立てて実験すると思われるのですが…
なんとも解せないニュースです。

実はパナソニックは2018年に除菌空気清浄器を発売して話題を呼びました。
販売当時はノロウィルス感染対策やインフルエンザ予防が宣伝に使用されていました。
びっくりするようなお値段でしたが、需要があるから売り出される…それだけ多くの人が空間除菌を求めているのだと改めて感じた出来事でした。

 

空間除菌は可能なのか?

除菌空気清浄器だけではなく、様々な空間除菌を謳う商品が販売されています。

しかしこれらの商品に関しては既に2014年に消費者庁から17社に措置命令が出ています。

消費者庁からの通達

二酸化塩素を発生させるグッズを部屋に置いたり首に掛けたりするだけで「空間を除菌できる」とうたった宣伝には根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認など)に当たるとして、消費者庁は27日、販売する17社に再発防止などを求める措置命令(行政処分)を出した。

消費者庁によると、対象は据え置き型が大幸薬品の「クレベリンゲル」など10商品で、携帯型が中京医薬品(愛知県半田市)の「クイックシールドエアーマスク」など15商品。

「空間除菌」根拠なし 消費者庁、17社に措置命令  2014/3/27付 日本経済新聞

ようはこれらの商品には根拠はないよ…というもの。

ちなみに我が家にもどこかでもらったこれらの試供品があります。
こんなものに効果が本当にあるの??と使わないままどこかに眠っていたような気がします。
(既に廃棄したかも??)

結局のところ、空間除菌を可能にする濃度まであげると次は人体に影響を及ぼしかねない。

置くだけで安全に菌を除去出来ればそれに越した事はないが、そんな便利なものは今のところないのが現状。それに私自身「菌信者」ではないが、病原菌やウィルスに効果があるということは、人に無害な環境菌や常在菌も一緒に除菌してしまうということ。そこまで綺麗な環境が必要か?と言われると考え込んでしまう。

置くだけ、散布するだけ…を謳う除菌製品を数多く見かけるがこれらに過度な期待を寄せずに適切な衛生管理を行う事が食中毒対策や感染症予防には一番必要な事なのではないかと思います。

 

講座案内

衛生管理講座基礎編 身の回りの微生物と消毒・除菌

7月16日(火)10:00~12:00 zoom開催で開催します。
身の回りにいる微生物の基本的な事から、消毒や除菌の違い、必要な衛生対策などを2時間で学びます。
パソコンかスマホがあれば自宅からの受講も可能です。

保育園の先生や施設関係者の方にも受講頂いてる人気の講座です。

*保育園や各施設等からの依頼講座もお受けしております。お気軽にお問い合わせください。

問い合わせはこちらから

お料理教室やお菓子教室など食を扱う事をお仕事にされている方。
一度しっかりと食中毒対策や衛生管理について学んでみませんか?
来てくださる方に美味しいお料理はもちろん、一緒に安心・安全を提供する為に

講座案内はこちらから
食を扱う方向け 食中毒を出さないために絶対押さえておきたい食品衛生対策講座

 

 

≪プロフィール≫

笛吹 和代

171121_隨帛聖縺輔s驥取搗縺輔s謦ョ蠖ア蛻・2017-11-21_12-39-49

関西を中心に活動し、臨床検査技師の国家資格を保有する、日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー

自身の不妊治療退職をきっかけに「働く女性の不妊治療退職ゼロ」を目指して、妊活や不妊の悩む女性の個別相談を行ったり、セミナー講師として活動したり、妊活や不妊をサービスとする専門家向けの講座も行っている。その傍ら、10年間の会社員経験を活かして、2017年よりママ向けの衛生管理講座をスタート。ここまで微生物をわかりやすく、身近に教えてくれる講座はないと、2年で100名以上の方が受講する人気講座となる。

≪経歴≫
1979年滋賀に産まれる
不妊治療の末2012年に男児を出産

子どもの頃から身体の仕組みに興味があり、医療系の学部に進学する。
卒業後は検査センターで様々な検査や健診に携わったのち、製薬メーカ・化粧品メーカで微生物分野を中心に専門職として勤務する。
化粧品メーカー時代は工場内の衛生環境管理の仕組みづくりや新しい微生物測定機器の導入など幅広い業務に携わる。また、従業員向けに従業員教育などの業務も担う。その後、不妊治療の為に退職。

≪講座開催実績≫
2015年より自身で講座主催をする傍ら
大津市男女共同参画センター様、漢方薬局様、鍼灸師団体様 カルチャーセンター等で妊活や不妊、女性の身体に関する講座を開催
2017年より衛生管理講座を実施 滋賀・京都・奈良・大阪・名古屋・東京と幅広い地域で講座を開催する

≪コラム掲載≫
奈良の子育て応援アプリ「ぱーぷるmama」にてコラム掲載
専門家によるパパママ応援サイトIKU♡LOVEにてコラム掲載
NAILIST JOBで女性向け コラム掲載
働く堅実女子のお悩みサイトsuits-womanで妊活コラムを担当

≪取材実績≫
日本成人病予防協会 妊活ページ取材
フリーペーパーRuscに夏休みの自由研究特集で衛生管理の取材を受ける

≪ラジオ出演≫
インターネットラジオ fmGIG 「マゴちゃんのツナガリっちょラジオ」出演
インターネットラジオ fmGIG 「コトリカの輝くママきっぷ 」出演

講師・取材・執筆依頼は下記からお問い合わせください
お問い合わせはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です